神社仏閣参拝とオヤジの休日

中部地区を中心に趣味の小旅行(神社仏閣参拝)を私的観点から綴っています

伊勢国 田丸城址と城山稲荷神社

 

f:id:y-kamaji:20200419194952j:plain

 

南北朝時代南朝のシンボル的存在であった

後醍醐天皇をお迎えするため重臣北畠親房(きたばたけ・ちかふさ)

が地元の南朝方国人の支援のもと田辺の丘に砦を築いた

北伊勢を支配下においた織田信長が南伊勢を侵攻し

国司として支配していた北畠氏は信長と和議を結び、

信長二男信雄を養子として受け入れ家督を継がせました

城主となった信雄は北畠氏一族を討ち滅ぼし再び

織田姓に戻りましたが三層の天守を配した城郭に改修したが

天正年に城の炎上により織田信雄から田丸氏稲葉氏に移り

元和年に紀州藩領となり家老久野氏が明治維新まで

支配しました。

また、田丸神社の南にある「田丸城跡」の天守台上からは、

一面の田園風景が望め、旧富士見門跡からは、

天候が良ければ富士山も見られるらしいです

 

田丸城址

 

築城主 北畠氏

城 主 北畠氏・織田氏・稲葉氏・久野氏

改修者 織田 信雄・稲葉 重通

 

「大手門」

大手門・本丸・北の丸・二の丸が往時の姿を留め
苔むした野面積みの石垣が残っている

f:id:y-kamaji:20200419195131j:plain

 

本丸虎口と門) 

f:id:y-kamaji:20200419194921j:plain

 

天守跡」

f:id:y-kamaji:20200419194910j:plain

 

「富士見門」

 田丸城にあった8つの城門のうちのひとつで、

 三の丸と二の丸をつなぐ場所に設けられていたらし
 廃城時に民間に払い下げられ、移築現存していたものを、

 再移築されました

 長屋門形式の門で、推定江戸中期に建てられたそうな
f:id:y-kamaji:20200419195002j:plain

 

田丸城主久野家家紋

  「瓜に三つ巴」がデザインされ

  書き置きで、和紙に印刷されています。

  村山龍平記念館受付配布しております。

 

f:id:y-kamaji:20200419194841j:plain

 

城山稲荷神社

    (通称 城山出世稲荷神社

  田丸城北の丸に鎮座

 

主祭神

  宇迦之御魂命

  誉田別命

 

御利益

  五穀豊穣・商売繁盛

f:id:y-kamaji:20200419194720j:plain

 

f:id:y-kamaji:20200419194631j:plain


 

〒519-0415 度会郡玉城町田丸字城郭114-1
         ℡0596-58-8212(玉城町教育委員会

 

kojodan.jp